トップページ > 消費税アップしても、よりお得に住まいを求めることができます!

お役立ち記事

消費税アップしても、よりお得に住まいを求めることができます!

「お得に住まいを購入するため」の ポイントをすべて公開します。

消費税がアップしても、注文住宅をあきらめない!

消費税アップして、「住宅購入費用がまたアップしちゃう!」と購入意欲をそがれてしまった方がたくさんいます。
消費税が上がったからこそ、様々な支援策が実施されています。
支援策を
知ってる!知らない!期限がある!だからこそ正確な情報を手に入れて、
お得に住まいを購入できるチャンスが到来しました。

住まいづくり・購入のポイントを整理して、提供いたします。


 

のレポートは、重要です。

 

住宅を購入しようとする方は、

いつの時代もたくさんの情報を集めています。

 

消費税アップ以外に、ここ数年じわじわと資材関係の値上げもなどもあり、

仕入れ価格も上がり、建物本体価格も少し変化があるようです。

 

そのようなマイナスのイメージを少しでも減らして、

明るく住まいを購入するために消費税アップ後の各種支援策と

その期限をまとめたので、是非、参考にして下さい。

R1.10.15現在



目 次

1.増税後の支援策 

2.誰もが対象になるもの

3.お客様条件によるもの

4.建物性能によるもの

5.施工者条件によるもの

1. 増税後の支援策

 住宅購入は、そのものが高額だけでなく、引っ越しや家具家電の購入など

にも連動するので、増税対策として、様々な支援策が行われています。

 ただし、どの支援策の対象になるか?その内容と期限を知ることで、

いつまでに住宅を購入するべきか?を検討いただくために取りまとめました。

 

1-1 支援策メニューはいくつ位用意されているのか?

 支援策として、用意されているのは、次の5+1になります。

 

    すまい給付金

    住宅ローン減税(控除)の拡充

    住宅購入時の優遇税制(不動産取得税・登録免許税)

    次世代住宅ポイント制度

    住宅資金贈与にかかる贈与税の非課税枠の拡大

    契約印紙税の軽減措置(継続)

が、支援策として知られています。